タイ株、海外不動産、ブログ収入などでセミリタイアを目指します。

サラリーマンのたぼろーが不労所得で月50万円を達成してセミリタイアを目指すブログ

タイ株 ポートフォリオ

高配当のタイ株を勧める4つの理由とは?

更新日:

スポンサーリンク





私の現在のポートフォリオはタイ株が大半を占めています。

これには3つの理由があります。

タイ株は高配当である

日経平均の配当利回りは約1.5%です。これは100万円投資して、年間15,000円です(税金は無視)。一方でタイは3.2%(2016年度)なので2倍以上あります。もちろん平均なので、探せば高利回りの会社はごろごろあります。

私のタイ株ポートフォリオの主な利回りは以下の通りです。

タイ株はインカムゲイン、キャピタルゲインともに税率が低い

配当に対する源泉税は10%です。日本の場合、NISA口座を除けば約20%であるため、例えば10万円配当があるケースにおいて、税引き後の手取りが10,000円違ってきます。100万円のケースにおいては10万円も違ってきますのでこの差は大きいです。

売却益に関しては非課税です。日本の場合、配当同様に約20%課税されますので、100万円の売却益で手取りが20万円違ってきます。この差は非常に大きいです。

 

世界銀行が2017年タイのGDP成長率の見通しを引き上げ

2011年度に洪水が発生し、2012年度以降少しの期間その復興需要があったあと、つい最近までタイ経済は停滞していました。そしてSET指数もずっと低迷して他のアセアン諸国に比べると伸びが弱い面がありました。また、2016年10月には国民から絶大の信頼を得ていたプミポン国王の逝去という悲しい出来事もありました。

しかし、今年10月4日に世界銀行はタイ経済の好調さを受け、GDP成長率の見通しを0.3%引き上げ、3.5%に引き上げました。10月10日にはSET指数も23年ぶりの高値をつけました。

自動車の買い替え需要、原油相場持ち直しによる中東地域への自動車輸出増、インフラ需要などを考えると、やはり今後の発展を期待せざるを得ません。

 

やっぱりタイが好きだから

タイに1度住んだことがある人はわかるのですが、住まなくなっても何度も行ってしまうんですよね。おいしい料理、格安のマッサージ、日本人もたくさんいて外国なんですけど外国じゃない感じがいいんです。

私の妻も大好きなのでタイには頑張ってもらいたい。このままのペースで発展してもらいたい。じゃあ投資しよう!となるわけです。

 

まとめ

私がタイ株を勧める理由です。

  1. 高配当
  2. インカムゲイン、キャピタルゲインに対する税率が低い
  3. これからも伸びる国である
  4. タイが好き

どうせなら好きな国に投資したいですよね。日本はもう伸びない国ですし(なぜか株価は上がっていますが)、大企業の不祥事も最近多すぎます。そんな国よりやはりタイですね。タイに投資しましょう。







-タイ株, ポートフォリオ

Copyright© サラリーマンのたぼろーが不労所得で月50万円を達成してセミリタイアを目指すブログ , 2019 All Rights Reserved.