タイ株、海外不動産、ブログ収入などでセミリタイアを目指します。

サラリーマンのたぼろーが不労所得で月50万円を達成してセミリタイアを目指すブログ

雑記

海外居住のため運転免許証の更新ができなかった場合にやるべきこと

投稿日:

スポンサーリンク




 

運転免許証の更新は誕生日の前後1ヶ月のみ可能です。

私は海外に駐在しており、このタイミングで免許を更新することができませんでした。

 

誕生日から一か月経過してしまった場合、免許証はどうなるのか?

運転免許証は失効します。ただし、やむを得ない理由で有効期間が経過して6か月以内であれば後ほど記載のとおり再取得が簡単にできます(千葉県の場合です)。

海外等に住んでいて誕生日前後1ヶ月に免許センターに行けそうにない場合、ある程度前もって更新手続きができるようです。私も一時帰国したタイミングで更新しておけばよかったのですが結果的にはできませんでした。そして免許センターに行ける日が更新期限を数日経過したタイミングだったのです。

 

必要書類等

再取得に必要なものです。

  • 失効した運転免許証
  • 本籍が記載されている住民票(私のように海外在住で住民登録がない場合は本籍の記載がある住民票の除票と居住証明書、または戸籍の附票と居住証明書)
  • 申請用写真
  • やむを得ない理由を証明する書類
  • 眼鏡等

やむを得ない理由を証明する書類としてパスポートが例示されています。要はその誕生日前後の1ヶ月間日本にいなかったことを証明するためなのですがそこで問題が起きました。

私は空港の自動化ゲートを利用しているため出入国のスタンプが押されず、日本にいなかったことをパスポートで証明することができなかったのです。

そこで必要なのが入国管理局発行の出入国記録になります。その手続きは別の記事にしますが、言いたいことは免許証の更新期間に更新しないと手間がかかりお金と時間を無駄にするということです

 

まとめ

海外に居住していると自動車の運転をしなくなるし、免許証を使用する場面が少なくなり免許証の更新作業を忘れがちです。

タイムリーに更新できないといろいろと損をするので気を付けてください。







-雑記

Copyright© サラリーマンのたぼろーが不労所得で月50万円を達成してセミリタイアを目指すブログ , 2019 All Rights Reserved.